日本語に訳してはいけない

日本の学校教育では、英語は日本語に訳してから理解する、という考え方が浸透しています。

テストでも受験問題でも、”この下線部分を日本語に訳しなさい”、という問いがよく出題されます。

ほとんどの生徒や教師は気にしていないでしょうが、これでは英語そのものというより日本語として綺麗になるように訳す、ということがメインになっていきます。

これを「訳し読み」といいますが、訳してから読むというスタイルには弊害があるのをご存じでしょうか。

和訳するために余計なエネルギーを使う


本来、言葉というものは聞き取ったまま、または読み取ったまま理解していくものです。

しかしそのままでは読めない、つまり理解できないゆえに、自分が理解できる日本語に訳したくなります。

この訳し読みのプロセスを入れるので余計に多くのエネルギーが必要になります。

どんなことをしているか分析すると、英語を読んだり聞いたりしたら、それに相当する日本語を考えるか探して訳を当てます。さらに語順も入れ替えなければなりませんから、相当たいへんな作業を強いられることになります。

 

日本語の語順に気を取られて時間がかかる


ご存じのように英語と日本語は根本的にまったく異なる言語なので、語順にもそれが表れます。

特に、動詞の位置が本質的に異なるために、日本語に訳すときに「返り読み」がしばしば発生します。

例:
I think he is very clever.
わたしは彼はとても賢いと思う

2番目にいた動詞は、訳すと最後になります。

このように日本語の語順にこだわって読むと、文の前後を行ったり来たりすることになります。これが返り読みです。

時間がかかりますからスピードが出せませんね。

英語は英語の語順のまま左から右へ一回で読み切るほうが良いのです。

訳さず英語のままで理解することを目指しましょう。

 

英語のニュアンスが理解できない


言語が異なるということは、文化や歴史や感性が異なるということを意味します。

英語の単語も日本語でぴったり当てはまる訳が必ずあるとは限りません。

ですから発音をカタカナにしただけで使われているものがあります。

例:
Property(プロパティー)、Default(デフォルト)

コンピューター用語として定着していますが、日本語に訳すと幅広い意味になり一語では置き換えられない単語ですね。

 

英語のままがBest


このように、日本語に訳すことには弊害があります。

英語はそのまま読んで何となくイメージを描ければ大丈夫なのです。

重要なのは、日本語に正確に訳すことではなく、英語そのものの意味を把握することです。

把握できれば訳す必要もなくなりますね。

どうしても英語だけだと理解できない時だけ訳すようにしてみましょう。

 

Comments are closed.