英語のリズムとアクセント

最低限必要なものは押さえられたでしょうか。

次は、リズムとアクセントについてです。

リズム


日本人ならば、当然ながら日本語の語調が(方言の違いはあるものの)体に染みついているはずです。

 

しかし、日本語と同じような感覚で英語を聴こうとすると一言も聴き取れないことが多いでしょう。

これは英語と日本語ではリズムやアクセントに大きな違いがあるからです。

 

思い出してみてください。日本人の名前を英語ネイティブに言うときにどのように発音しているかを。

わざわざ英語風なリズムやアクセントを付けて言っていませんか。

これは言語同士で根本的な違いがあるからなんです。

 

ある専門家の表現を借りれば、英語を聞き取るには「サーフィン」つまり波乗りをするようにリズムをつかむ必要があります。

 

英語の発声には、弱くて素早く発音する部分と、強くはっきり発音する部分があります。

いわばその上がったり下がったりする音の波に乗っていきつつ、強く発音するところに注意して聴けば、格段に聞き取れるようになるということです。

ネイティブがはっきり発音するのは、動詞や名詞などの重要な部分。

前置詞や冠詞、代名詞などは軽く流す程度に発音する傾向があります。

 

アクセント


文全体での強弱がリズムだとすれば、アクセントは単語内の強弱を担当します。

 

アクセントは試験にもよく出題されるので精通している方も多いでしょう。

しかし、日本で外来語として使われている英単語は間違ったアクセントで覚えられていることが多いものです。

例えば、「マクドナルド」。

どの字もほぼ同じ強さで言っていませんか。でもこのまま本場アメリカ人に言っても通じません。

なぜならネイティブは「マクダーナル」と発します。「ダー」にアクセントを置きます。

ご存知でしたか。

オレンジ」もネイティブだと「オー」にアクセントし、「オーレンジ」となります。

 

知っているようでも、実は日本語化された状態で覚えているのですね。

 

正しいアクセントをあらためて覚えていくことが必要です。

ネイティブの発音を繰り返し聴いて、自分でも繰り返し声に出していくことで、学ぶというより身に付けることができるでしょう。

 

思い込みを避けて、ネイティブの発音をよく聴くことで、英語のアクセントやリズムを身に付けていきましょう。

Comments are closed.