日本語に訳してはいけない

日本の学校教育では、英語は日本語に訳してから理解する、という考え方が浸透しています。

テストでも受験問題でも、”この下線部分を日本語に訳しなさい”、という問いがよく出題されます。

ほとんどの生徒や教師は気にしていないでしょうが、これでは英語そのものというより日本語として綺麗になるように訳す、ということがメインになっていきます。

これを「訳し読み」といいますが、訳してから読むというスタイルには弊害があるのをご存じでしょうか。

Continue Reading…